服忌について
 
親族が亡くなったとき、身内の者は喪に服しますが、これについて定めたものが服忌制度で、「忌」とは故人の祀りに専念することを、「服」とは喪に従い、使者への哀悼の気持ちを表す期間のことをいいます。
 戦前までは、江戸時代に武家の間で定められた服忌令が公的な制度として用いられていました。これによると父母の場合、忌の期間が五十日、服の期間が十三ヶ月と最長で、親族の範囲により期間が短縮されています。戦後、これは廃止され、官公庁においては職員の服務規程の中で、配偶者は十日間、父母は七日間など忌引き期間を定めていますが、基本的に各地域の慣例に従っているのが現状です。
神社本庁では神職の服忌心得として、忌の期間を父母・夫・妻・子は十日間、七歳未満の子・祖父母・孫・兄弟姉妹については五日間としており、喪の期間はその人の心得に任せ、それぞれの神社の慣例がある場合にはこれに従うとしています。また忌の間は喪事のみに関わり、この期間が終了した時に神社でお祓いを受けます。
氏子の服忌について、地域に慣例がある場合はいうまでもありませんが、一般的には五十日祭までが忌の期間で、一年祭(一周忌)までが喪の期間と考えれれているようです。このため、忌の期間である五十日を過ぎれば神事を再開しても差し支えないという例が多く聞かれます。
忌の期間は神社への参拝を遠慮しますが、やむを得ない場合は、お祓いを受けてください。

神棚について
 ご家族が亡くなったとき、その日より忌中の間は、神棚に白布や半紙を掛け、お供えや参拝はしばらく遠慮します。
 五十日を過ぎましたら(忌明け)白紙をはずし、神まつり(お供え物、おまいり)を再開します。

お正月について
 ご家族等が亡くなったとき、年末年始のご挨拶、年賀状は遠慮するのが一般的です。また、門松、しめ飾りなどもお飾りしません。
 ただし、亡くなってから五十日以上を経過している場合等は、門松、しめ飾りをお飾りしてもかまわないでしょう。その際は、例年より控えめにするのがよいでしょう。

その他
 忌中時においても役職等で祭礼に参加しなければならない場合、結婚式等へ参拝する場合は神社にて「除喪のお祓い」を受けます。



七五三詣について

 11月15日に晴れ着で着飾った子供が神社に参詣することを七五三詣などと称し、神様に今まで無事に過ごしてきたことに感謝し、今後も健やかに成長することを祈ります。
 この行事については、三歳の男女の場合は髪置(かみおき)といって、頭髪を伸ばし始めることを、五歳の男子の場合は袴着(はかまぎ)といって初めて袴を着用することを、また七歳の女子の場合には帯解(おびとき)といって幼児用の紐を解き大人と同じ帯を用いることを表し、子供の成長を社会的に認知するためにおこなわれてきた通過儀礼を起源とします。
江戸時代中頃から商業の発達による影響もあり、都市部において現在のような華やかな風習となりました。
 七・五・三という歳の数については、これが縁起のよい陽数であることに結びついたものであり、また11月15日の日取りについては、天和元年(1681)のこの日に、五代将軍徳川綱吉の子息徳松の髪置祝がおこなわれたことを前例にするとも伝えられ、暦学の上でも吉日に当るそうです。
神社への参詣は江戸時代にもおこなわれましたが、明治以降はさらに盛んとなりました。これは子供が七歳のお祝いで氏神様に参詣したとき、神社から氏子札が渡され、正式に氏子の仲間入りができるようになったことからです。よく「七つまでは神の子」といいますが、この時から一人前の人格として扱われるようになったのです。
 地域によってはお祝いの子供が神祭りで重要な役割を果たしたり、正月や例祭日に神社に参詣したりなど風習もさまざまですが、親が子供の成長を願う気持ちには変わりはありません。



神輿(みこし)について

神輿は、祭礼にあたり神幸祭(しんこうさい:多くの場合、年一回の例祭後あるいは祭礼中に行われる)に際して、御神体あるいは御霊代(みたましろ)がお乗りになる輿(こし)のことをいいます。 普通は木製の黒漆塗りで、形状は四角や六角、八角などがあり、台と胴と屋根の大きく分けて三つの部分から成り立っていて、屋根の中央には鳳凰(ほうおう)または葱花(そうか:ネギの花の形をした飾り)が置かれています。 担ぎ方などは地方により少しずつ異なり、それがまた祭礼の大きな特色にもなっています。

神輿の起源についてははっきりしていませんが、天平勝宝元年(749)に宇佐神宮の八幡神が来京して、奈良東大寺の大仏建立を援助するとの託宣を下した際、この遷座に初めて紫色の輿が用いられたと伝えられています(『続日本紀』)。


八幡宮の起源

八幡神社には八幡宮や八幡社と称される神社も多く、さらに地名等を冠した呼称の社も見られます。八幡神社は全国に8,786社(境内社を除く)あり、分布もほぼ全国的に見ることができます。(神社本庁祭祀祭礼データ参照)

八幡神社の起源は、大分県宇佐市に鎮座の宇佐神宮(宇佐八幡宮)を始とします。御祭神は応神天皇(誉田別命)・神功皇后・比売神の三神で、欽明天皇の御代(540571)、豊前国宇佐郡の御許山に初めて現れ、大神比義によって祀られるようになりました。これが宇佐神宮の創祀とされています。

奈良時代、八幡神は聖武天皇の詔によって進められた東大寺の大仏建立を助けるため上洛し、東大寺の守護神として鎮座(現・手向山神社)、次第に仏教との習合を深めていったため、仏法守護の神として崇められ、「八幡大菩薩」の称号が奉られました。また、同時代末には和気清麻呂が宇佐八幡宮の託宣を受けて皇位を狙う僧道鏡の野望を阻止したことにより、皇位守護の神としての性格も強めました。

平安時代には平安京の守護神として勧請され、都の裏鬼門(南西)の方角の男山に祀られたのが、現在の石清水八幡宮です。鎮護国家の神として朝廷の篤い崇敬を受けました。この石清水八幡宮の社前で元服の式を挙げたのが八幡太郎として名高い源義家です。義家は源氏の棟梁として八幡神を自らの氏神、また武門(武士の家筋)の守護神として仰ぎました。

その由縁もあり、源頼朝が鎌倉幕府を開くと、中心に鶴岡八幡宮を創建し、幕府の守護神として祀りました。このほか、祭神の縁故の地や宇佐神宮・石清水八幡宮・鶴岡八幡宮の神領への分祀、また源氏、殊に頼朝や義家といった武将の勧請などにより各地に祀られるようになりました。